忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

業者


しかしながら、今公開されているほとんどのウェブページは、HTMLで装飾を施している状況です。当たり前と言えば当たり前です。いきなり変えろと言われたっていきなり変えられないのが現状です。自分たちでウェブページを作成、管理しているのであればすぐに変更することができるでしょうが、ホームページ制作会社に依頼している場合は即座に変更することは難しいです。ホームページ制作会社に変更を依頼すれば、もちろんお金がかかります。ホームページ作成時に請求された額まではかからないにしても、変更量は間違いなく請求されます。ホームページ制作会社によって違うとは思いますが。このように不都合な事ばかりなのであれば、HTMLを覚えてはいかがでしょうか^^。

軽トラックで移動、出張買取業者HP、松山市
出張 買取松山
洗濯機買取、松山
PR

CSS


HTMLは文書構造を定義するための言語です。では色を変えたり、文字のサイズを変えたり、装飾したい場合はどうすればいいのでしょうか。今現在、HTML5です。HTML文書は装飾に関する要素や属性は廃止されつつあります。ではHTML文書やXHTML文書に装飾するにはどのようにすればいいのだ?ということになります。装飾する場合は、CSSを用いて、スタイルシートを適用するのです。CSSとは、CascadingstyleSheetsを略したものです。ウェブページに装飾を施す場合は、このCSSを使うのが、今日のウェブページ開発では当たり前のように用いられているのです。文書構造はHTML、装飾系を施すのであればCSSです。

改善


ですが、最近ではウェブサイト開発者がブラウザごとに処理を分けなくてはならないという状況は改善されています。W3Cが定めている表十仕様のHTMLを記述してウェブページを作成すれば、完全ではありませんが、異なるブラウザでもほぼ完ぺきに問題なくウェブページを表示させることが可能になりました^^。しかし、それでもまだブラウザごとに表示のされ方が違ってしまう場合もありますから、ウェブページを開発したら確認することは必要です。ブラウザ特有のバグというものが発生する場合がありますので注意が必要です。HTMLを正しく記述しても、このようなバグで正常に表示されない場合は、CSSを利用してウェブサイトの細かな調整を行います。
        
  • 1
  • 2